外来種

アライグマって言うと、日本ではアイドル的な扱いを受けている印象が強いですが、みなさんはいかがでしょうあ?

二足歩行のアライグマ、ポンタくんでしたっけ?とかも有名ですし。
茶色くてふわふわの体と、まんまるの目、器用に手を使って木登りしたり餌を食べる様子は、すごく可愛らしいので、動物園でも人気者ですよね。

1970年台には「アライグマ・ラスカル」というアニメが大流行しました。ラスカルと言う名前のアライグマが大冒険する話です。このアニメは幼稚園、小学生の子どもを中心に爆破的なヒットをしたので、アライグマをペットとして合飼うというブームも巻き起こしたそうです。

アライグマは、もともとは日本にはいなかった動物です。
TVアニメ「アライグマ・ラスカル」の大流行をきっかけに、アメリカから大量に輸入されるようになったんです。

ラスカルの可愛さを見た子どもたちはアライグマを飼いたいと口々に言い、親たちもそれを叶えてあげたのです。そのため、大量に輸入されたアライグマが日本の家庭で飼われることとなりました。
しかし、生き物を飼うという事はすごう大変なことです。TVアニメのようにすべてがうまく行くとは限りません。
意外に凶暴な性格をしていたり、害獣としてアライグマ駆除が行われているなどということは、アニメを見てその可愛さに憧れた子どもたちにとっては、あまりにも意外すぎる事実でしょう。

Sitemap