被害

もともとはペットだったアライグマが無責任な飼い主によって野に放たれ、野生のアライグマへと変わり、増えていったのです。

野生化したアライグマは自然界で繁殖を繰り返して、やがて相当な数になりますよね。
それで、現在のような状態になったわけです。

自然界で生息している分には問題はないのですが、近年では、民家に住み着いたり、田畑を荒らしたりという被害が急増しているんです。
元はといえば、人間がもたらしたことなのですが、それでもやはり農作物を荒らされたり家に住み着いて悪さをしたり病気を撒き散らすのであれば・・・
いくら可愛い動物とはいえ、アライグマ駆除をしなければならないですよね。

アライグマの被害は、最近は田舎の方だけでなく都心部でも急増しているんです。
餌を求めて、住宅街にやってきて、ゴミを荒らしたり、民家に入り込んで食料を漁ったり、人気のない時期の別荘などを荒らしたりもするようです。

もっとも深刻なのは、田畑を荒らされる被害です。
ニュースなんかで見たことはありませか?畑の農作物がアライグマによって食い荒らされてしまって困り果てている農家の人の映像・・・。
雑食性でなんでも食べるので、池の鯉や金魚が襲われたり、学校で飼育している鶏を襲うこともあるんです。

また、アライグマは狂犬病を媒介したり、回虫症の発生なども問題です。可愛い見た目とはうらはらに非常にやっかいな存在なんです。

Sitemap