ペットの野生化

ペットとしてアライグマを飼う人が急増した1970年台。

しかし、いざ飼ってみたものの、飼育がうまく出来ずに持て余してしまう人も多かったようです。
このブームの火付け役であったTVアニメ「アライグマ・ラスカル」の最終回では、「動物は自然の中で暮らすのが一番」というメッセージが強調されているのですが、それを都合よく解釈したかのように、アライグマを捨てる人も多くいました。
生き物を飼うということは、予想以上に大変なことですから、ぬいぐるみ感覚で手に入れてしまった人には飼育は困難だったんでしょうね。

それに、アライグマはすごくて先が器用なので、自分で檻の鍵を開けたり窓を開けて脱走したものもすごく多かったようです。

このように、人間が故意に捨てたり、または逃げてしまったりによって、ペットとして輸入されたアライグマが大量に野生化することとなったんです。

彼らは外来種ですから、いままでの生態系に大きな影響を与えますよね。
ですが当時、一般人はもちろん、専門家たちでも、外来種が日本固有の生態系に与える影響について、そんあに深刻には考えていなかったようなんです。
もちろん危惧する声を挙げた人はいたでしょうが、全体としての風潮としては、アライグマの野生化はそんなに深刻になるほどのことでもなかったようなんです。
そして今では、一般家庭や、逃げ込んだ山に合った個人の別荘などに被害をもたらす存在として、アライグマ駆除の必要性が叫ばれるようになっています。

Sitemap